サウナの効果的な入り方は?筋肉痛・ダイエット・わきがへの効能

現代人にとっては近場のオアシスとも言えるサウナ。

但し多くの方はサウナの入り方によって様々な効果を得ることができることはご存知ないのではないでしょうか?

入れば入るだけいいといったような間違った知識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、正しいサウナの入り方及び目的に合せた特別な入浴法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

ただ入るだけ。よりも格段に効果が得られますので正しい知識を身につけて心も体も癒されに行きましょう。

sauna2

・基本的な入り方

基本的にサウナは、中段から上段のベンチに腰掛け(空いていれば寝転がってもOkay)10~15分ほど入りましょう。

あまり得意でない方、熱気に慣れていない方は下の段でも構いません。

とにかく無理することなく自分に合ったところで数十分入ることが効果的です。

そしてサウナでは大量の汗をかきますので、出た後は必ず水分補給をしましょう。

出来れば、発汗中はミネラルも失われますので、スポーツドリンクのほうがいいです。

そしてアルコールは、体内で加水分解されるために逆効果となり危険ですので、ついつい飲みたくなる気持ちもよく
分かりますが、しっかり水分補給しましょう。

・ダイエットに効果的な入り方

ダイエット目的でサウナをご利用される方が多いですが、ただただ倒れるまで入っているのは危険ですので、
注意しましょう。ダイエットに効果的な入り方は、「繰り返し欲」です。

10~15分程度自分に合った温度のサウナへ入りしっかりと汗を流します。そして一度クールダウンした後に
再度サウナへ入る。これを4~5回繰り返します。但し汗を流すことが目的なので水風呂や冷水シャワーで
冷やすのは効果を薄めてしまいますので避けてください。

身体を温めることと冷やすことを交互に行うことで、血圧を上昇させ、身体が運動したときと同じ状態になり、
代謝機能があがるため脂肪燃焼に効果が得られる。と言うことです。

スポンサードリンク

・筋肉痛に効果的な入り方

スポーツなどによる肉体疲労には「温冷交代浴」が効果的です。

温冷交代浴とは、90~100℃のサウナに10分ほど入った後、冷水シャワーや水風呂で冷却し、
その後少しの休憩を挟んだ後、再び熱いサウナに入る。これを何度か繰り返す入浴法のことを言います。

こうすることで末梢血管が広がり、筋肉痛が緩和されます。

・わきがに効果的な入り方

わきがというのは、脇の下にあるアポクリン汗腺の成分を細菌が好み、分解する際に臭いが発生する症状のことを言います。

この細菌を殺すことでわきがを抑えることができます。

つまり細菌にとって過酷である高温度のサウナへ入ることで効果を得られます。

100℃のフィンランドサウナが最も効果的です。そこで腕を上げ脇の下に直接100℃の温度がかかるようにします。

10分程度入り、身体をクールダウンさせた後に再度100℃のサウナへ。これを5~6回繰り返すことで細菌を殺すことができます。

但し細菌は復活するので、定期的にサウナへ通うことで確実に効果を得ることができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ