群馬のなし狩りで食べ放題ありのおすすめスポット2015

1年前に世界遺産登録に沸いた富岡製糸場のある群馬県。嬬恋のキャベツや下仁田のネギ、こんにゃく芋などが特産品ですが、果物の産地のイメージはありませんよね。そんな群馬県の前橋市に「大島梨」という名産があるのをご存知でしょうか。赤城山のふもとの旧河床地域の下大島で江戸時代よりみずみずしい伝統の梨を作り続けています。

下大島地区は利根川の河床で農業には不利な地域でした。そこで1830年、農家に生まれた関口長左衛門は梨木を手に入れ、梨の栽培を始めました。代々受け継がれてきた梨栽培は明治時代に病による全滅の危機を研究により乗り越え、現在では宅配便の発達により贈答用の梨として販売を増やしています。

「大島梨」は減農薬栽培、除草剤に頼らない雑草管理、肥土を用いた土づくり、それに梨づくりについての勉強会を開くなど、作り手のこだわりを感じる梨づくりをしています。8月中旬から9月中旬には、駒形バイパス沿いや前橋古賀線沿いのあちこちに販売店がオープンします。

群馬県で食べ放題のある梨狩りスポットは1か所だけですが、ほかにも特徴のあるおすすめスポットをランキング形式でご紹介しますので、お出かけの参考にしてください。

スポンサードリンク

第1位 ドールランドみなかみ (みなかみ町)

こちらは食べ放題のある梨狩りスポットです。広大な敷地面積を誇る観光農園。豊かな自然にかこまれ、さまざまな果物狩りや手作り体験、旬のフルーツメニューが楽しめるカフェで「採る」、「作る」、「食べる」を体験できる施設。

  • 品種:愛甘水、築水
  • 料金(30分食べ放題):大人(中学生以上)/1,200円、小人(3歳~小学生)/800円 (2015年の梨狩りは8月をもって終了しています。)
  • 詳しくは、公式サイト

 

第2位 榛名地区ナシ園 (高崎市)

明治時代より梨栽培が始まった地区。8月中旬から10月上旬にかけて楽しめる。はるなの梨まつりや「フルーツ忍者ハルナ」スタンプラリーなども開催される。

  • 品種:幸水、豊水、二十世紀
  • 料金:550円/1名 (試食あり)

 

スポンサードリンク

第3位 さくらんぼ斉藤園 (沼田市)

1995年に開園。迦葉山のふもとにある農家8団地で作る「果樹の里フルーツランドいけだ」の中にある「天狗の里フルーツ団地」内にある観光農園。柿狩りも楽しめる。

  • 品種:幸水、豊水
  • 料金(持ち帰りのみ・試食あり):1kg/400円~

 

第4位 たくみの里 ふれあいの家 (みなかみ町)

洋梨狩りのほか、年間を通して田植え体験などの各種農業体験ができる。店主の指導で十割そば打ち体験もできる。

  • 品種:ラ・フランス
  • 料金(持ち帰りのみ):1kg/600円~
  • 詳しくは、公式サイト

 

最後に

人気のスポットに出かけるのもいいですが、赤城山を望む自然豊かな群馬で梨狩りを楽しんでみるのもいいですね。洋梨や青梨の二十世紀を味わえるスポットもあるので、是非お出かけしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ