長野のなし狩りで食べ放題ありのおすすめスポット2015

今回は、長野県の梨を新鮮に、お腹いっぱい食べられる食べ放題ありの梨狩りスポットをランキングにして紹介していきます。気になる梨狩りスポットがありましたら、恋人や友達、家族を誘って行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

長野県の梨!

富士山の初冠雪や北海道大雪山の初雪、北からの紅葉と、このところ秋の深まりを感じるたよりが届きます。日中の陽射しの暑さとは打って変わって、朝晩の寒さに冬がすぐ近くに来ていることを感じますね。スーパーに並ぶ果物も晩夏から秋、そして冬へと少しずつ変わっていきます。旬の果物の梨も種類によってはもう収穫が終わってしまっているところもあるのですが、まだ秋の味覚の王様、梨を味わいたい!と思っているあなたに朗報です。

梨の遅場産地である長野県では青梨の「二十世紀」や「サンセーキ」、赤梨の「幸水」、「豊水」、「南水」、洋梨の「ラ・フランス」など、多くの品種の梨を生産しています。その中でも「南水」は長野県南農信試験場で「新水」と「越後、」を交配し、育成させて、1990年に品種登録した長野生まれの梨です。枝が硬く、樹勢が強いため、剪定が難しいだけでなく、結実も困難なため、毎年、農家ではひとつひとつ手作業で受粉し、木と対話をするように丁寧に栽培しています。このような農家の方々のたゆまぬ努力によって、長野ブランドの梨の品質が保たれています。

また、JAみなみ信州いいだ果実選果場では果実のおいしさを見分けるユニークな等級ネームをつけています。果実のおいしさを見分ける光センサー付きの選果機を使って、形と熟度が良好で、さらに糖度が14度以上と判定された梨には最上級の「太鼓判」が、形は少し劣っていても、糖度が14度以上の梨には糖分が優れていることから「優等生」の等級がつけられます。

このような取り組みには多くの人においしい梨を食べてもらいたい!という長野県の梨農家の方々の熱い思いがこめられています。きっと梨好きのみなさんにもこの熱い思いが伝わったことと思います。

 

長野県で食べ放題ありの梨狩りスポット!

それでは、長野県で食べ放題のある梨狩りスポットを見ていきましょう。

第1位 りんご狩り斉藤農園 (飯田市)

丹精こめて育てたりんごと梨が味わえる。果汁100%の生ジュースのサービスあり。予約をすればバーベキューもできる。10月中旬まで、梨とりんごの両方が楽しめる。

  • 品種:二十世紀、南水、あきづき
  • 料金(40分食べ放題):小学生以上/600円、4歳~未就学児/300円

 

第2位 ヤマヨシ林農園 (松川町)

自然豊かな伊那谷の中央にあり、都市と農村の心のふれあいを大切にする農園。有機栽培で体にやさしいりんごと梨を栽培している。ペット入園可。

  • 品種: 幸水、豊水、南水、あきづき、ラ・フランス、ル・レクチェ
  • 料金(食べ放題):大人(中学生以上)/600円、小人(小学生以下)/400円、
  • 詳しくは、公式サイト

 

スポンサードリンク

第3位 丸星農園 (松川町)

松川温泉のそばにあり、ヤギなどの動物もいる自然豊かな果樹園。手作りジャムやジュースの販売もある。

  • 品種:ラ・フランス、南水、二十世紀、サザンスイート
  • 料金(時間無制限食べ放題):大人/600円、 小人/300円

 

第4位 マルダイ大場農園 (松川町)

中央アルプスと南アルプスにかこまれた観光農園。こだわりの栽培で、梨、りんご、巨峰、プルーンの4種類の果物狩りが楽しめる。巨峰ソフトクリームが人気。屋根付きの休憩所や雨具の無料レンタルがあるので、多少の雨でも楽しめる。

  • 品種: 新水、幸水、南水、二十世紀
  • 料金(2時間食べ放題):大人/600円、小人(3歳以上)/300円
  • 詳しくは、公式サイト

 

最後に

いかがですか。アルプスの山々にかこまれた自然豊かな農園での梨狩り…梨農家のみなさんが大切に育てた梨の味はきっと格別ですね。さあ、温かくして晩秋の梨狩りに出かけましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ