ふじさわ江の島花火大会の穴場スポットランキング2015!

湘南の海と江の島をバックに打ち上がる花火が楽しめるのが、
たいへん魅力的なふじさわ江の島花火大会の特集です!

今回、紹介する花火大会は全国でもかなり人気の花火大会となっています。
以下の記事をご参照ください。

全国の人気花火大会ランキング2015!
関東の人気花火大会ランキング2015!

全国版、関東版、どちらも2位という好成績!

「でも、それだけ人気なら、相当混むんじゃない?」
そう、思った方、ご心配なく!

当記事では、ふじさわ江の島花火大会の穴場スポットを紹介していきます。
また、他にも役立つ情報をいくつか掲載してありますので、そちらも合わせてご活用ください。

スポンサードリンク

日程・時間・場所

ふじさわ江の島花火大会の開催日程・時間・場所は以下の通りになります。
*日程、及び時間はあくまで予定となります。

日程 10月15日(土)
時間 18:00〜18:45
場所 片瀬海岸西浜 新江ノ島水族館前 県立湘南海岸公園

 

アクセス・駐車場

会場への最寄駅は、

  • 小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩2分
  • 江ノ島電鉄「江ノ島駅」から徒歩5分
  • 湘南モノレール「湘南江の島駅」から徒歩7分

いずれの駅でも出てすぐ近くに海が広がっており、
江の島をバックに打ち上がる花火を見られます。

お車で起こしの方は、東名高速道路厚木ICから国道129号を経由し、
国道134号を江の島方面へ車で24kmすすんでいただく形になります。

専用の駐車場は、1時間400円〜、1日2,000円で利用できます。
駐車場の収容台数は、1,669台となっていますので、公共交通機関の利用がおすすめです。

 

混雑状況

ふじさわ江の島花火大会は、例年4万人以上の来場者を迎えます。
当然のことながら、片瀬江ノ島駅周辺はたいへん混雑します。

ぜひ、これから紹介する穴場スポットランキングを参考にして、
穴場でゆったり、楽しく花火を鑑賞しちゃいましょう!

また、花火大会の終了後もかなりの混雑が予想されます。
あまり、人混みが好きではないという方は、少し早めに帰るのがいいかもしれません。

 

浴衣でもOK?

開催時期が、10月ということもありまして、浴衣で行っても大丈夫かな、
と思っている方って意外と多いと思うんですよね!

季節は秋ということもあり、平均気温は17度ほど。
夜は冷え込む場合もあるので、何か羽織れるものを1枚持っていくと安心です。

 

有料席・チケット情報

ふじさわ江の島花火大会では、境川河口左岸に2,500席の有料席が用意されています。
チケットは、ローソン・チケットチケットぴあなどのサイトで購入可能です。
詳しい販売日程は不明ですので、気になる方はサイトをこまめにチェックしましょう!

 

スポンサードリンク

穴場スポットランキング

それでは、本題のふじさわ江の島花火大会の穴場スポットの紹介です!

第1位 七里ガ浜周辺

打ち上げ場所からは少し離れてしまうので、見える花火は少し小さくなってしまいますが、
このスポットなら花火の全体像をしっかりと見ることができます。

花火の大きさにはこだわりはないが、人混みの少ないところで
花火を楽しみたいという方におすすめです!

第2位 稲村ケ崎

第1位の七里ガ浜からもう少し離れた場所にあるのがこの稲村ガ崎です。

こちらも、少し小さいですが花火の全体像を見ることができます。

七里ガ浜よりも混まないので、デートなどで2人きりの時間を楽しみたい方におすすめです!

第3位 湘南モールフィル藤沢店の屋上

藤沢市辻堂新町にある湘南モールフィル
花火大会当日になると屋上を花火観覧用に無料で開放しています。

食料や飲料を調達できる場所もあり、トイレもありですので、
小さなお子様を連れたファミリーの方におすすめのスポットとなっています。

第4位 新川名橋

地元の方がおすすめする綺麗な花火が見られるスポットが、新川名橋です!

藤沢駅南口から10分ほど歩いた、県道32号線上にあります。

詳しいルートは、上のマップに表示してあるので、そちらを参考にしてみてください。

第5位 江の島島内

江の島の島内からも花火を見ることができます!
ただし、打ち上げの時間近くなると、交通規制が敷かれますの注意が必要です。

また、江の島のランドマークにもなっているシーキャンドルからも鑑賞可能です。
約1カ月前に抽選会が行われますので、興味のある方はそちらもどうぞ!

 

花火大会の映像

「ふじさわ江の島花火大会って、どんな感じなのかな…?」と思っている方のために、
おすすめの動画をいくつか掲載しておきましたので、ご覧ください!

2014年

2013年

2012年

 

口コミ

「今まで、いろいろと見てきたけど結局のところ、どうなの?」
という方のために、いくつか口コミを集めてみました。

まとめ

今回は、ふじさわ江の島花火大会の穴場スポットをご紹介してきました。

秋に開催される花火大会ということもあり、大会後には冷え込むのではないかと思います。

上着を1枚携えて、風邪などひかれないように気をつけてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ