千葉のぶどう狩りで食べ放題ありのおすすめスポット2015

休日の秋晴れの下、ちょっと遠方までドライブという方も多いと思います。そこで、今回は、東京から車で1時間圏内。千葉県にある食べ放題のぶどう狩りができるフルーツ農園をランキング形式でご紹介します。

スポンサードリンク

第1位 果樹園でピクニック!「初清園(鎌ケ谷市)」

ナシ狩りとぶどう狩りが楽しめる鎌ケ谷市にある「初清園」。予約をすれば、鉄板やガスコンロなどのバーベキューセットのレンタルもあります。

また、お弁当の持ち込みも可能。果樹の下でのんびりくつろぐことができます。ぶどう狩りの期間は10月下旬まで。料金は900円です。

 

詳しくは公式ホームページまで。

 

第2位 選抜巨砲も食べ放題「石井テル園(鎌ケ谷市)」

同じく鎌ケ谷市にある「石井テル園」。季節によって様々なぶどう狩りが楽しめます。シーズンは10月上旬まで。食べ放題料金は小学生以上900円の時間無制限です。さらに、別料金で選抜巨峰の高墨や藤稔も食べ放題が可能です。

 

詳しくは公式ホームページまで。

 

第3位 アクアラインから車で20分!「南総園(袖ケ浦市)」

アクアラインから車で20分! 立地条件のよい「南総園」。巨峰を中心に10種類以上の品種が栽培されています。市場に出回らない珍しい品種もあります。ぶどう狩りは9月下旬まで。料金は、30分で1,200円からとなっています。

 

詳しくは公式ホームページまで。

 

第4位 ぶどうに適した土地ならではのおいしさ「はぎわら農園(長柄町)」

種なし巨峰や種なしピオーネの食べ放題が楽しめる「はぎわら農園」。日中の寒暖差の激しい長柄町の気候の特徴と、水はけの良い土質の特徴が相まって、おいしい大粒の種なしぶどうが楽しめます。期間は10月上旬まで。料金は40分で1,500円です。大変人気の農園です。予約をした方が良いでしょう。

 

詳しくは公式ホームページまで。

 

最後に

車でアクアラインを疾走し、おいしいぶどうに舌鼓を打つ!秋ならではの解放感と満腹感を同時に味わえる「ぶどう狩り食べ放題」をぜひ、お楽しみください。

ただし、収穫量には限りがあります。小さな農園ではぶどうがなくなっている場合があります。お出かけ前には必ず各農園でお確かめください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ