千葉のイチゴ狩りで食べ放題ありのおすすめスポット2016

肌寒い日も多くなり、そろそろ冬かな…と思えてくる今日この頃。みなさんはいかがお過ごしですか。冬の果物というとコタツの中で食べるみかんのイメージが強いかもしれません。

でも、忘れてはいけないのがイチゴですね。そんなわけで、今回は、千葉県でイチゴ狩りの食べ放題があるおすすめのスポットをランキング形式でご紹介していきます。

スポンサードリンク

第1位 近藤いちご園 (長生郡)

JR外房線”上総一ノ宮駅”から徒歩15分という位置にある近藤いちご農園。2,400坪という広い敷地の中に建てられたハウスの中でイチゴ狩りを楽しむことができます。

また、栽培されているイチゴの種類も約20種類と豊富ので色々なイチゴを食べ比べてみたい!という方におすすめです。

 

近藤いちご園について

  • 期間:12月中旬〜5月中旬、9:00〜なくなるまで
  • 品種:とちおとめ、かなみひめ、紅ほっぺ、ふさのか …他数種
  • 料金:大人/1,100~2,000円、4~6歳/900~1,700円、3歳以下/600~900円 (30分食べ放題)
  • HPhttp://www.kondo-ichigo.com/

 

第2位 順子の苺園 (山武市)

JR総武本線・東金線”成東駅”からバスで5分ほどのところにある順子の苺園。イチゴ一筋20年育ててこられた方々の愛情がたーっぷりとつまったイチゴを食べられます!

また、農薬をほとんど使わずに育てられているので、小さなお子さまからお年寄りの方まで安心して楽しめます。

 

順子の苺園について

  • 期間:1/5(日) ~ 5月中旬
  • 品種:紅ほっぺ、とちおとめ、ふさのか、やよいひめ、あきひめ
  • 料金:小学生以上/1,100~2,000円、未就学児/700~1,500円、3歳以下/500円 (40分食べ放題)
  • HPhttp://www.chiba4u.com/junko/

 

スポンサードリンク

第3位 相葉苺園

山武成東インターを出て約5分のところにあり、山武市成東観光苺組合が運営している相葉苺園。全部で15種類ほどの苺を栽培していて、いつ行っても6~8種類のイチゴを味わうことができます。

また、おいしい苺アイスや苺大福などのスイーツも販売されています。甘いものに目がない方にはこちらもおすすめです。

 

相葉苺園について

  • 期間:12月中旬~5月中旬、平日/10時~15時、土日祝日/9時半~
  • 品種:とちおとめ、とよのか、紅ほっぺ、ふさのか など15種類
  • 料金:大人/1,100円~2,000円、未就学児/700~1,500円、3歳以下/500円
  • HPhttp://aiba-15.com/

 

最後に

今回は、千葉県でイチゴ狩りの食べ放題があるおすすめのスポットランキングを発表してきました。早いところでは、来月中旬ごろからはじめるようですね。気になったスポットのあった方は、ぜひ 訪れてみてください。

関東地方の他のスポットについては、関東のイチゴ狩りで食べ放題ありのおすすめスポット2016から!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ