北海道の札幌雪まつり2016の日程、おすすめの服装や会場をご紹介!

外も肌寒くなり、いよいよ本格的に冬到来!って感じですね。でも、寒いからって家に閉じこもっているのは、なんだかもったいなくないですか!? せっかく、雪も降ることだし、雪まつりに出かけてみるのはどうですか?

そんなわけで、今回は、2016年で67回目となる北海道の札幌雪まつりの日程やおすすめの服装、さらにおすすめ会場ランキング(といっても、3カ所しかありませんが…笑)をご紹介していきます。

スポンサードリンク

札幌雪まつりの日程は?

2016年の札幌雪まつりは、2月5日(金)にスタートします。大通会場とすすきの会場は1週間後の2月11日(木・祝)まで、つどーむ会場は、2週間後の2月18日(木)まで開催されます。国内外から毎年200万人以上が訪れる人気のお祭りですので、ぜひ、空いていそうな平日や午前中などを選んで、エンジョイしちゃいましょう!

また、大通り会場とすすきの会場では、開催期間中に雪像のライトアップも行っています。詳しい時間などは、”おすすめ会場ランキング!”の中で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

 

おすすめの服装は?

北海道で一番寒い時期と言われているのが、2月です。そのため、地元の方でもかなりの防寒対策をとっています。なので、ヒートテックや防寒下着を着込んだ上で、Tシャツやセーターを着込むのがいいかと思います。せっかくの雪まつりで、寒くて震えていたんじゃつまらないですからね。

また、注意した方がいいのが足元です。すべての会場を楽しむとなるとかなりの時間を要します。ですので、スニーカーなどの記事の薄い靴ではなく、ブーツなどの厚手の靴を履くようにするのが吉です。また、普段、雪の上を歩き慣れていない方は、靴の滑り止めを用意しておくといいかもしれません。

参考までに、靴の滑り止めにはこんなものがあります。雪で滑って転び、骨折したという話も聞きますので、十分に注意して歩いてくださいね。

 

スタビルアイサーライト(¥ 3,240)

 

スポンサードリンク

おすすめ会場ランキング!

それでは、おすすめの会場をランキング形式でご紹介していきます。

第1位 すすきの会場

氷を「見る」から「楽しむ」ものにしているのがすすきの会場です。氷彫刻のコンクールも開催され、制作者が丹精込めて作り上げたアーティスティックな氷像を楽しむことができます。また、期間中には、氷像のライトアップが行われています。透明な像に光が注がれる幻想的な姿を是非ご覧ください。

さらに、氷像を触ったり、氷像で遊んだりできる”ふれあい広場”もあります。目で、手で、全身で雪まつりを楽しみたい方におすすめです。

 

すすきの会場について

  • 開催時間:24時間開放(ライトアップは23時まで。最終日は22時まで。)
  • 開催場所:「南4条通り」から「南6条通り」までの「西4丁目線」
  • アクセス:地下鉄南北線「すすきの駅」からすぐ

 

第2位 つどーむ会場

雪でできた滑り台やスノークラフトなどなど、大人から子供まで、たっぷり楽しめるのがつどーむ会場です。施設内の屋内スペースでは、飲食スペースやファミリー広場などがあり、ちょっとゆっくりしたくなった時におすすめです。

 

つどーむ会場について

  • 開催時間:9:00〜17:00
  • 開催場所:札幌市東区栄町 885-1
  • アクセス:地下鉄東豊線「栄町駅」から徒歩15分(シャトルバス運行あり)

 

第3位 大通会場

札幌の東西に走る大通公園が舞台になっている大通会場。雪と氷で生み出されたアートが、約1.5kmの通りで勢ぞろいしています。札幌雪まつりの顔といったも過言ではない氷雪の芸術を楽しむことができます。また、こちらもすすきの会場と同様に夜間のライトアップが行われます。昼と夜で顔を変える作品を楽しみたい方におすすめです。

 

大通会場について

  • 開催時間:24時間開放(ライトアップは22時まで)
  • 開催場所:大通公園
  • アクセス:地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」からすぐ

 

最後に

今回は、札幌雪まつりの日程やおすすめの服装、おすすめの会場ランキングを紹介してきました。ランキングにはしてみましたが、どこも素晴らしい雪のアートが見られます。ぜひ、すべての会場に足を運んでみてくださいね ^ ^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ