紅葉狩りにおすすめの東海の穴場スポットランキング2015!

秋の風物詩といえば、紅葉ですね。今回は、東海地方で紅葉を楽しむことができる穴場スポットをランキング形式にしてお届けしていきます。

スポンサードリンク

第1位 香嵐渓 (愛知県)

愛知県豊田市にある矢作川支流巴川がある渓谷です。1634年に香積寺の住職がスギやモミジを植えたのが始めだとされています。現在では、約4,000本ものモミジが植えられ、秋になると美しい紅葉を見せます。また、例年11月には、”もみじまつり”が開催され、ライトアップされ、幻想的な紅葉を見ることができます。

  • アクセス:名鉄豊田線「浄水駅」から「とよたおいでんバス百年草行き」で約60分、名鉄三河線「豊田市駅」より「名鉄バス足助行き」で約45分、名鉄名古屋本線「東岡崎駅」から「足助行きバス」で約70分 (いずれも、「香嵐渓」下車)

また、愛知県の他のスポットは下記の記事で紹介しています。

 

第2位 永保寺 (岐阜県)

岐阜県多治見市にある永保寺。庭園や国宝にもなっている建築に紅葉が非常によく似合います。モミジの数も多いですし、朝早ければ、人もほとんどいませんので、ゆったりと紅葉観賞を楽しむことができます。

  • アクセス:JR中央本線・太多線「多治見駅」から徒歩約30分、または、東鉄バス久々利線で「虎渓山口」まで、下車徒歩約5分
  • 料金:無料
  • 時間:5:00〜17:00

 

第3位 湯の山温泉 (三重県)

三重郡菰野町にある湯の山温泉。かつて、「鹿が湯に浸かり、傷を治した」という逸話も残っているほど、体にいい温泉が湧き出ています。紅葉も非常に美しく、お湯に浸かりながら眺める紅葉は格別です。

  • アクセス:近鉄湯の山線「湯の山温泉駅」から、三重交通バスで「三交湯の山温泉」下車

 

スポンサードリンク

第4位 赤目四十八滝 (三重県)

三重県名張市にあり、およそ4kmにわたってのびている赤目渓谷。赤目五瀑と呼ばれている荷担滝、琵琶滝、千手滝、布曳滝、不動滝をはじめとする大小さまざまな滝が点在しています。滝の流れ落ちる音を聞きながら眺める紅葉は風情があります。

  • アクセス:近鉄大阪線赤目口駅から、赤目滝行き三重交通バスで「赤目滝」下車

 

第5位 横蔵寺 (岐阜県)

岐阜県揖斐川町にある横蔵寺。岐阜県内ですと有名ですが、全国の紅葉情報だとあまり目に入りません。そのため、かなりの穴場となっています。門から本堂、川沿いにかけての道は非常に美しく、見応えがあります。

  • アクセス:養老鉄道養老線「揖斐駅」から、路線バスに乗り換え「横蔵」下車
  • 拝観料:大人 / 300円、子供 / 200円、幼児 / 100円 (舎利堂・瑠璃殿の共通料金)
  • 時間:10:00〜16:00

 

最後に

今回は、東海地方で紅葉を楽しむことができる穴場スポットをランキング形式でお届けしてきました。ぜひ。東海地方に足を運んでみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ