茨城県の夏祭り人気ランキング2014!

夏だ~海だ~祭りだ~!

茨城県のイメージは、海、山、畑、田んぼ。てな感じで田舎なイメージですよね?

そんなあなたのイメージを裏切りません!

スポンサードリンク

さぁ思う存分自然いっぱいの中で夏を思いっきり楽しんでみませんか?

茨城県で夏祭りを楽しむスポットを今回はご紹介致します。

第1位 土浦全国花火競技会

_MG_0194_shlght

日本三大花火大会の一つで、花火大会と言えども全国の煙火業者が日本一をかけて腕を競い合う競技大会です。

花火師たちは、優勝をかけて技術を競い合うため、1年間をかけて作り上げた質の高い華やかな芸術作品が夜空に舞い上がります。

大正14年から続く歴史あるこの大会は、世界最高水準と言われている日本の花火師が、日本一をかける闘いなのです。

考えるだけで期待が高まります。言葉を忘れるほどの素晴らしい花火は、夏の素晴らしい思い出になること間違いなしです。

第2位 下館祇園まつり

001986488-1_im

筑西最大の夏の風物詩。30を超える様々な神輿が市街地を練り歩く迫力溢れるお祭りです。

このお祭りは、毎年7月の最終木曜日から4日間かけて行われます。

実際に担がれる神輿としては日本一の「平成神輿」(2㌧)、日清戦争の戦勝祝いに造られた大神輿「明治神輿」(1㌧)
女性だけで担ぐ姫神輿「女子神輿」、30数基にもおよぶ子供神輿が市街地を練り歩くので、目で見て楽しむことができます。

そしてなんといっても目玉は、お祭りの最終日に行われる「川渡御」

神輿に宿した氏子のけがれを川に流し清める禊の神事で、全国のお祭りの中でもとても珍しい
川で行われる渡御は、見逃すべからずです。

第3位 常陸國總社宮 例大祭(石岡のお祭り)

1378259007_52

県内外から約40万人の観光客が訪れる「関東三大祭り」の一つとして人気があります。

天下泰平、国家安穏、萬民豊楽、五穀豊穣等を願う格式の高いおまつりです。

菊花紋を許された格式ある神輿をはじめ、絢爛豪華な山車や勇壮な幌獅子など40数台が市中心部を巡行します。

ちなみに町内によって獅子の顔が違うので、約30もの獅子があることになります。

そんな獅子にも注目し、迫力あるお祭りに行っていてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

第4位 水戸黄門まつり

mitokoumon

昭和36年に始まり、水戸市の観光の発展と”元気”の発信を目的に開催される水戸市最大のお祭りで、
毎年8月第1週の金土日の3日間に渡って開催されています。

千波湖畔での約4500発の花火が夜空に打ち上げられたのを合図にお祭りが開幕されます。

2、3日目には「水戸黄門パレード」、10数台の神輿が競い合う「神輿連合渡御」や
市民団体がサンバ調の「黄門ばやし」「ごきげん水戸さん」のリズムに乗って
踊りを競う「市民カーニバル in MITO」、「山車巡行」などが催されます。

中でも注目は水戸黄門パレードで、2日目に2回に渡って行われます。テレビ時代劇「水戸黄門」で
活躍中の俳優さんがパレードを一緒に盛り上げてくれますので、是非一緒に参加してお祭りを楽しみましょう。

第5位 大子町花火大会と灯籠流し

P14335L

花火と灯篭流しが組み合わされたなんともいえない幻想的な雰囲気は素晴らしいです。

大子町の82年の歴史と伝統を誇り催されるこちらのイベントは、
久慈川と押川の合流点中州から、乱玉にはじまり、スターマイン、早打ちなど約3300発の花火が打ち上げられ、
更に、久慈川池田橋下から観光ヤナまで、川面水難供養のため4000挺の灯籠が流されます。

夜空から水面まで彩られる夏の夜は、言葉を忘れるほどの美しさです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ