おたる潮まつり道新納涼花火大会の穴場スポットランキング!

海への感謝と、郷土発展を小樽市民あげて祈念する「おたる潮まつり」には

毎年100万人以上の人出がある、大規模な夏祭。

スポンサードリンク

それもそのはず、潮ねりこみ、みこしパレード、潮太鼓など

とにかく熱気にあふれまくったイベントが目白押しなんです。

 

楽しい!楽しすぎる!の3日間なのです。

 

□日程

2014年7月25日・27日

20:00~20:30(25日)、20:00~20:40(27日)

□開催場所

北海道小樽市 港町 小樽港第3号ふ頭付近

その初日と最終日を飾る花火大会は大人気。

ほぼ同日に開催される札幌の花火大会よりも豪華なので

人出も小樽に流れがちになるほど。

 

なかでも最後のスターマインの連発は

感動を呼ぶ鮮やかさ。

06.usio2

会場周辺はかなり混雑するので車での来場は禁止です。

JR小樽駅から徒歩10分くらいで運河沿いに出るので

アクセスが不便でない限りは交通機関を使うのがいいでしょう。

 

それでも車じゃないと…という方は

会場近くは避けた見晴らしのいい場所での

花火観覧をおすすめします。

 

というわけで今回は、おたる潮まつりの花火大会の

穴場スポットをランキングにてご紹介!

スポンサードリンク

小樽は山と海の町。

海を眺めるならば山へ、花火を眺めるなら山で。

町全体が見晴台といってもいいくらい。

なかなかの場所、けっこうありますよ♪

 

その1★天狗山


大きな地図で見る

住所/小樽市天狗山山頂

アクセス/小樽ICから車で約20分

駐車スペース/約150台

 

小樽市街がまるで箱庭のように一望できる天狗山。

小樽港や石狩湾、積丹半島まで望めるので

夜景スポットとしても有名です。

早めに行って夜景付き観覧席を確保しましょう。

 

 

その2★水天宮


大きな地図で見る

住所/小樽市相生町3番1号

アクセス/小樽ICから車で約10分

駐車スペース/約10台

 

小樽市内中心部の高台から

小樽港を間近に見下ろせるとあって

席取り合戦必須!

花火優先で見に行く方には

早めに行くことをおすすめします。

 

 

その3★小樽市総合博物館


大きな地図で見る

住所/小樽市手宮1-3-6(本館)

アクセス/小樽ICから車で約10分

駐車スペース/約100台

 

運河館は混雑必須、もしくは交通規制が入っているので

本館を目指すことをおすすめします。

また本館なら会場から少し離れているので

人混みを気にせず花火を楽しめます。

 

 

その4★毛無山展望所


大きな地図で見る

住所/小樽市天神4丁目

アクセス/朝里ICから車で約15分

駐車スペース/約20台

 

ドライブルート・メープル街道のビューポイント。

四季折々の大自然が楽しめます。

小樽市街を一望できるので夜景と一緒に

花火もばっちり見えます。

 

 

その5★平磯公園


大きな地図で見る

住所/小樽市若竹町20

アクセス/朝里ICから車で約10分

駐車スペース/約5台

 

駐車場はほんのわずかですが

小樽築港を手前に、手宮方面が奥になり

なかなかの夜景を楽しめます。

観覧車と花火の幻想的な眺めも人気。

 

 

★最後に

 

混雑覚悟で運河沿いから花火を楽しむなら

竜宮橋、中央橋、北浜橋あたりがGOOD!

出店を楽しんで熱気を楽しんで。

楽しい夜をお過ごしください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ