2016年ブレークした俳優ランキング 【男女別】

2016年、芸能界では様々なことがあった年でした。

そして、同時に今年もたくさんの芸能人が爆発的に活躍した年でもありました。

今回は、そんな飛躍した活躍をした俳優の方たちの中でも特に活躍が目立った俳優さんを、男女別にTOP3でご紹介します。

スポンサードリンク

納得のTOP3! 男性編

第3位:山崎賢人(やまざきけんと)


出典:http://ameblo.jp/kento-yamazaki/

山崎賢人さんは、ドラマ「好きな人がいること」や映画「四月は君の嘘」・「オオカミ少女と黒王子」では主演をするなどして、活躍されています。

胸キュン系映画でははまり役とも言える程ピッタリな役柄で人気です。

また、女装企画で投票1位を獲得したこともあるだけに、そのイケメンぶりはお墨付きです。

さらに、公開予定の映画が、なんと4本も控えている旬な俳優さんです。

第2位:坂口健太郎(さかぐちけんたろう)


出典:http://tristone.co.jp/actors/sakaguchi/

坂口健太郎さんは、メンズNON-NOモデル出身で、「塩顔男子」のブームの火付け役としても知られています。

映画「シャンティ デイズ365日、幸せな呼吸」で俳優デビューを果たし、映画「予告半」や「海街diary」、ドラマ「コウノドリ」や「重版出来!」などにも出演しました。

今年一番は、やはり朝ドラ『とと姉ちゃん』での味のある演技ではないでしょうか?

あれから一気にファンが増えたのでは?

読書が趣味とあるだけに、知的な塩顔男子と言われるのも納得です。

第1位:菅田将暉(すだまさき)


出典:http://www.topcoat.co.jp/artist/suda-masaki/

菅田将暉さんは、auの三太郎CMで鬼ちゃんを好演し、仮面ライダーWを始め、数々のドラマや映画、舞台などでも活躍されています。

今年は、日本テレビ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」にも出演したり、今年公開された「溺れるナイフ」でも主演を務めたりしています。

作品ごとに、同じ人!?と思うほど様々な役がこなせる俳優さんですね。

また、来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演します。

2016年は彼の年だったと言えます。まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優さんですね。

スポンサードリンク

やっぱりこの3人! 女性編

第3位:広瀬すず


出典:http://ameblo.jp/suzu-hirose/

広瀬すずさんは、広瀬アリスさんの妹で、アリスさんが専属モデルをしていた雑誌のイベントに来場した時に、事務所から声をかけられ芸能界に入りました。

ドラマ「幽かな彼女」で女優デビューをしたのを皮切りに、映画「ちはやふるシリーズ」・「海街diary」・「四月は君の嘘」・「怒り」など数々の作品に出演しました。

個人的には、CM「明星一平ちゃん」で焼きそばにマヨビームで文字を書くところが可愛い思います。

あの透明感のある瞳と、可愛い笑顔で男性から絶大な人気を誇っています。

第2位:波瑠(はる)


出典:http://www.horiagency.co.jp/talent/haru/

今では信じられませんが、波瑠さんは芸能界入りした最初の頃は仕事が全然なかったそうです。

それでも地道に努力を重ね、ドラマ「14才の母」で初出演を果たし、その後もモデル業や映画「恋空」、ドラマ「あさが来た」でヒロインを好演して、一気にブレークしました。

また、ドラマ「ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」では、心に闇を抱えた新人刑事を熱演しました。

ショートヘアーが似合う、初々しい爽やかな笑顔がたまらない女優さんです。

第1位:高畑充希(たかはたみつき)


出典:http://www.horipro.co.jp/takahatamitsuki/

高畑充希さんは、3年B組金八先生や朝ドラ「とと姉ちゃん」を熱演、チョーヤ梅酒やNTTドコモのCMにも出演するなど、幅広く活躍されています。

レコード会社にも所属して、歌手としての活動もされています。

彼女は最近出てきた印象が強いですが、実は2007年から2012年まで、6年間にわたってミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を務めた実力派なんです!

あの愛らしい顔立ちと、飾らないところが人気な彼女ですが、これからの活躍も期待大ですね。

まとめ

ここまで、TOP3と題しまして、男女それぞれ3人ずつご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

どの方も、ドラマや映画、CMに限らず多岐の分野でマルチに活躍されています。

これからの活躍にも注目な方々ですので、必見ですよ。

また、来年はどんな方がブレークするかも楽しみですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ