父の日スニーカーブランド人気ランキング!プレゼント・ギフト2015

革靴を履いてお仕事に行っているお父さんはとても多いですよね。

でも革のビジネスシューズというのは、夏は蒸れるし、
フィット性もそこそこで、毎日履いていると足が疲れるものです。

そこで、父の日には休みの日に履くスニーカーをプレゼントしてあげるのも良いアイデアです。

スニーカーの魅力は何といっても機能性とファッション性。
特にハイテクスニーカーと呼ばれるタイプは、技術と機能を盛り込んで、
高いフィット感や運動性を追及したものですから、装着感は折り紙つきです。

たかがスニーカーとあなどることなかれ。
いわゆるズック靴とは違う履き心地がやみつきになってしまうかもしれませんよ!

それでは、父の日におすすめのスニーカーブランドランキングの発表です!

スポンサードリンク

第1位 GELLEGEND 5/ASICS

tbf301_1

 

足に吸いついて一体になるようなフィット性、それがASICSの一貫したコンセプトです。
スニーカーはさまざまな形状の革を縫合してフィット感や柔軟性を出すのが一般的ですが、
縫合パターンが足に合わないと、靴擦れになる場合もあります。

このモデルはソフトな革を使い、革自体の柔軟性により高いフィット性を実現しています。
そのため、縫合パターンはシンプルで、足に合わないというリスクはかなり低いと思います。

履き心地は足全体を包み込むようなやわらかさ。
デザインもシンプルなうえ、軽量ですから、初めてのハイテクスニーカーとしておすすめです。

第2位 INSTA PUMP FURY (インスタ・ポンプフューリー)/Reebok

img9ae286d5zikfzj

 

89年、Reebokが発表した「ザ・ポンプ」シリーズは大きな話題になりました。

これはシュータンに小型ポンプを搭載し、ポンプを押すことでインナーに空気が送り込まれ、
ユーザー好みのフィット性にアレンジできるいう仕組み。

ポンプと樹脂を蜂の巣型に加工した衝撃吸収剤「ヘキサライト」はReebokの代名詞でした。
多くのメーカーが仕様変更する中、Reebokの技術は今も現役。
ポンプフューリーはポンプシリーズの最新モデルです。かかとにはもちろん、ヘキサライト。

独特のクッション性は人気が高いですよ。

いかにもハイテクスニーカーらしい、派手なカラーリングも魅力の一つ。
懐かしい、なんて思うお父さんもいるかもしれませんね。

第3位 D ROSE 773 II/adidas

adidas-rose-773-2-4

 

アメリカ・プロバスケットボール・リーグで活躍中のデリック・ローズ選手の使用モデル。

スピードとクイックネスの選手だけに、シューズも軽さとフィット性がコンセプト。
アッパーの素材は激しい動きにも対応できるように、柔軟性のある素材が使用されています。

また、くるぶしの部分に切込みがあり、着脱がスムーズなのも特徴です。
足をしっかり包む分、脱ぎ履きが煩わしいと思う方もいるので、これはさりげない長所です。

文字通りバスケットボールシューズですが、明快なカラーとスマートなフォルムのおかげで、
カジュアルシューズとして使用しても違和感のないデザインになっています。

スポンサードリンク

第4位 ウエーブリアルグラスプ2/MIZUNO

SH_13KL33009_LL

 

甲の部分と足首についたストラップが個性的なモデルです。
このストラップは飾りではなく、締めることでアッパーと足の密着度を高めるためのもの。

MIZUNOは吸湿速乾を売りにしたウェアを多数開発していますが、
このシューズも通気性を確保し靴内の温度を下げるシステムが搭載されています。

きれいなデザインですが、スポーツシューズの感じが少し強いですね。
デザインといい、機能といい、ウォーキングなどに使用するのにぴったりといった感じです。

第5位 CHUCK TAYLOR/CONVERSE

1841449

 

CHUCK TAYLORは、CONVERSEを代表するモデルです。
キャンバス地に星をあしらったマークのついたデザインは、とても有名。
CONVERSEといえばこのモデルを思い浮かべる方も多いのでは?

クラシックなデザインは守備範囲が広く、ジーンズはもちろん、
コットンパンツやカジュアルなスーツに合わせてもスタイリッシュです。

ただ、誕生したのが1917年ですから、特別な機能はほとんど何もついていません。
重量もけっこうありますから、初めての方は少し疲れるかも。

CONVERSEはスニーカーのハイテク技術開発の先陣を切ったメーカーだったのですが、
現在、日本では、こうしたキャンバス地のクラシックタイプしか入手できないようです。

最後に

90年代はハイテクスニーカーの全盛期でした。

さまざまなメーカーが独自の新技術を競って開発し、未来的なデザイン、
未来的な機能を持った、シューズの名作が次々と生まれた時代です。
その当時をしのばせるようなスニーカーを選んでみました。

もしかしたら、この記事を読んでくださっている方のお父さんの中には、
昔、せっせとスニーカーを集めていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

喜んでいただけますように……。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ