父の日ハンカチブランド人気ランキング!プレゼント・ギフト2015

今回は、父の日のプレゼントにおすすめの
ハンカチブランドランキングを発表します!

あるアンケートによると、お父さんが父の日に
もらいたいプレゼント第1位はハンカチなのだそうです。

ハンカチは素材もデザインもいろいろ。
もらうのも楽しいですが、選ぶのも楽しいアイテムです。

ただ、毎日スーツを着るお父さんに贈る場合は、少し注意が必要です。
女性目線で選ぶと、つい、色や柄がきれいなものを選びたくなってしまうのですが、
ビジネススーツのポケットに入れたとき、華やかなデザインのハンカチは
アンバランスな印象を与えてしまうことも…

スーツを着る男性の声を聞くいてみると、
全体的にシンプルなデザインの方が好まれる傾向があるようです。
というわけで、シンプルながらこだわりのハンカチを選びました。

スポンサードリンク

第1位 ブルーミング中西/海島綿コレクション

ブルーミング中西/海島綿コレクション

ブルーミング中西の創業は1879年。欧米雑貨洋物商としてハンカチや手袋を
取り扱ったのが始まりですから、日本におけるハンカチの長老です。

人気の商品はこの海島綿コレクション。
海島綿(かいとうめん)は、別名シーアイランドコットンとも呼ばれ、
カリブ海のごく限られた地域だけで産出される稀少性の高いコットンです。

カシミヤのようななめらかな手ざわりと、シルクのような光沢が大きな特徴。
古くから「繊維の宝石」と評され、ヨーロッパの貴族の間で愛用されてきた歴史があります。

通常のコットンよりも軽くて強く、吸水性に富むなど、機能性にも優れています。
現在、国内で海島綿のハンカチを販売しているのはブルーミング中西だけです。

オンラインショップには、ハンカチにイニシャルを刺繍してくれるサービスがあります。

第2位 antina/イニシャルハンカチ

antina/イニシャルハンカチ

ハンカチの生地はコットンが主流ですが、リネン(麻)も根強い人気があります。
吸湿、速乾に優れ、汚れも落ちやすいため、清潔に保てるのがリネンの強み。

清潔感のある真っ白なハンカチの隅に一文字、イニシャルを刺繍したのがこちらの商品です。
イニシャルのさりげないおしゃれさは男性の方にも人気がありますね。

また、リネンは使うにつれ白さが和らぎ、アイボリーのような色に変化しますが、
使う人によって変色の仕方が微妙に違うそうですよ。ちょっと革製品に似ていますね。

他にはモチーフハンカチもあり、こちらの刺繍は、
青い鳥、バンビ、ミーアキャットの3種類です。

第3位 BURBERRY

BURBERRY

ハンカチのみならずおしゃれな男性ブランドの定番でもあるバーバリー。
派手過ぎず、落ち着いたデザインが多く、現在も安定した人気を誇るブランドです。

バーバリーチェックやドット柄のハンカチもありますが、
どれも色使いが控えめなので、男性がスーツに持っても違和感のないデザインになっています。

ブランドバリューもあり、かつ、値段もお手頃です。数枚組で贈ってもよいですね。

第4位 Paul Smith

ポールスミス

スーツには地味で堅実なデザインのハンカチが基本。
なのですが、少し華のあるデザインを1枚まぜてもいいですね。

ポール・スミスは幅広い年代に人気があるブランド。
ハンカチは2000円前後からあるので購入しやすいですね。

画像は、ポール・スミスの代名詞になっているマルチストライプをふちどりに使ったデザイン。
アニメーションのようなくっきりした色使いが印象的です。

素材はコットン100%。さらりとした風合いが大人の雰囲気です。

第5位 Mungai/リネンハンカチ

Mungai/リネンハンカチ

イタリアはフィレンツェ郊外で裕福層向けのベッドリネンを製作してきた老舗ブランドです。
こちらは手ざわりと吸湿性に優れた上質のリネンを使った最高級ハンカチです。

片隅にワンポイントで入った刺繍には、唐辛子やワイン瓶、ハートや時計などさまざま。
シンプルに描かれた絵柄はおしゃれですが、少し好みが分かれるようです。

1枚4000円と値段も高めですね。

最後に

最近では、レストランには紙ナプキン、トイレにはハンドドライヤーが設置されるようになり、
ハンカチを使う機会は昔に比べると、だんだん減ってきていますね。

でも、だからこそ、きれいにプレスされたハンカチを持つのは、とっても「粋」だと思います。

ダンディズムは、表に見えない部分にこだわりを持つこと。
男性の持ち物の中で、ハンカチは一番ダンディなアイテムかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ