父の日腕時計ブランド人気ランキング!プレゼント・ギフト2015

腕時計と言えば、プレゼントの定番のひとつですね。
男性に贈る場合は、ファッション性やデザイン性よりも、
むしろ耐久性も含めた機能性を重視するとよいと思います。

というのは、男の人には、質の良い時計を丁寧にメンテナンスしながら
長く使いたい、という方が多いのです。

時計ブランドの一番人気は現在もロレックスだそうです。
ステータス以上に、「良質の時計を買って一生大切に使い続けたい」、
そういう意識の現われなのでしょうね。

父の日にロレックス、というわけには行きませんが、
機能的に信頼できるブランドを集めてみました。

それでは、父の日におすすめの腕時計ブランドランキングTOP5を紹介していきます!

スポンサードリンク

第1位 SEIKO(セイコー)

20090312a

(画像引用元:http://www.seiko-watch.co.jp/whatsnew/pressrelease/20090312/img/20090312a.jpg)

1881年の創業以来、日本の時計開発をリードしてきた老舗です。
69年には世界で初めてクォーツウォッチを製品化し、世界的な名声を得たメーカーですね。

東京オリンピックを皮切りに、何度もオリンピックの公式時計になっているところからも、
技術の確かさがうかがえます。

SEIKOの腕時計は全体にがっちりとした、いかにも男性的なデザインが目立ちます。

 

第2位 CITIZEN(シチズン)

cici005-a

(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp/uushop1/cabinet/citizen-a/cici005-a.jpg)

CITIZENの一番の売りは、内部のムーブメント。
時間を正確に刻み、そして時計の大敵である衝撃や磁気でも狂わないように、
さまざまなテクノロジーが動員されています。

実際、ムーブメントの生産シェアは国内第一、世界シェアの3割を占めています。
その他、太陽電光発電、標準電波をキャッチして自動で時刻を合わせる電波時計、
表面加工にいたるまで、CITIZENはテクノロジーの時計です。

こうした技術面に惹かれるお父さんも多いと思いますよ。
時計のデザインはすっきりとシンプルな傾向があります。

 

第3位 HAMILTON(ハミルトン)

h42555151

(画像引用元:http://www.hamiltonwatch.com/sites/default/files/styles/watch-full-2x/public/h42555151.png?itok=-hHYMy7R)

アメリカの老舗時計メーカーHAMILTON
最初に発表された懐中時計は鉄道時計として採用され、
鉄道に正確さをもたらした時計と評されました。

以来、航空時計、軍用船舶時計として名声を確立し、
現在ではハリウッド映画に登場する小物としても有名です。

歴史を見ると質実剛健なイメージが浮かびますが、変則的な形のものや、
中のムーブメントが透けていたりと、斬新なデザインの時計が目を引きます。

 

スポンサードリンク

第4位 CASIO(カシオ)

gshock_hed

(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp/menet/cabinet/casio_watch/gshock_hed.gif)

CASIOといえば、やはり「G-SHOCK」です。
発売開始から30年も経過していますが、いまだに人気は健在です。

G-SHOCKはその堅牢性が有名で、10mの高さから落下しても壊れないといわれていますが、
それだけではなく、防塵、防泥、防錆など、時計の故障につながる要因を
すべて防御するように設計されています。

電池寿命は10年、そして時刻の電波修正機能もついており、至れり尽くせり。
ただ素材のポリウレタンは紫外線に弱く、耐久性は高いとはいえません。

 

第5位 Paul Smith(ポール・スミス)

8631926200________650_01_pc_xxx_large

(画像引用元:http://static.paulsmith.co.jp/shop/front_product_properties_images/0160/1322/8631926200________650_01_pc_xxx_large.jpg?1390359819)

イギリスのファッション・ブランドですね。

男性には、時計は機能性重視と書きましたが、やはりアクセサリーですから、
ファッション的な面に重きを置いて選びたい場合もありますね。

それならばPaul Smithの時計がおすすめです。

基本的にはオーソドックスなデザインですが、文字盤の色や枠の形など、
ちょっとしたポイントのデザインを工夫することで、決して奇抜にならず、
それでいて他にはない個性を生み出しています。

ブランド時計ですが、購入しやすい価格帯の時計がそろっているのもうれしいですね。

 

最後に

時計は身につけている時間が長いですし、部品交換などをして丁寧にメンテナンスすれば、
何十年でも使い続けられるものです。

単なる小物よりも、生活のパートナーという感じなのかもしれません。
そして贈った方も、長く使ってもらえると満足感がありますよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ