父の日靴下ブランド人気ランキング!プレゼント・ギフト2015

靴下というのは消耗品ですから、ふだんはついつい、値段だけを重視して購入しがちですよね。

でもそうした性質のアイテムだからこそ、父の日には
ちょっと特別な靴下をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

履き心地、デザイン、ブランド……、実は、靴下にはこだわろうと思えば、
こだわることができるポイントがさまざまあるのです。

それでは、父の日におすすめの靴下ブランドの人気ランキングの発表です!

スポンサードリンク

第1位 Tabio HOMME(タビオ・オム)

60dcb3615ad8df81cbf36b437b06cd50a9b67551

(画像引用元:http://portal.tabio.com/data/original/0/87/60dcb3615ad8df81cbf36b437b06cd50a9b67551.jpg?1370234191)

1968年に大阪で創業した靴下専門メーカーです。

綿・麻混紡の蒸れづらいタイプ、吸水速乾機能に優れ、臭いを防ぐ5本指タイプなどのビジネスソックスから、さりげないおしゃれ感のあるカジュアルソックスまで、デザイン、機能ともに行き届いた品ぞろえが目を引きます。

店舗で購入するとソックスにイニシャルを刺繍してもらえるなど、ちょっと珍しいサービスも。
一味違ったこだわりの一足を贈りたい方には、こちらのブランドがオススメです。

第2位 Pantherella(パセンテラ)

Pantherella-062

(画像引用元:http://www.nickt.co.uk/portraits/wp-content/uploads/2012/06/Pantherella-062.jpg)

スーツ・ファッションの伝統はイギリスにあり。
そのイギリスで1937年から続く高級靴下ブランドです。

ロングホーズと呼ばれる丈の長いタイプがそろっていますが、
これは伝統的なスーツ用ソックスの形なのだとか。

長年蓄積された技術から作り出される靴下は、吸い付くような軽い履き心地です。

その他には、イギリスらしい落ち着いたデザインのカジュアルソックスも。
父の日という機会に「最高級」と称される靴下を試してみてはいかがでしょう。

第3位 Sozzi(ソッツィ)

ソッツィ

(画像引用元:http://メンズブランドランキング.com/wp-content/uploads/2013/06/%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A3.jpg)

Pantherellaがイギリスのクラシックなら、
こちらはファッション大国イタリアのクラシックスタイル。

やはり伝統的なロングホーズタイプがそろっていますが、
Sozziのはふくらはぎに合わせた立体裁断を採用し、
独特のフィット感を作り出しています。

ボルドーや赤、緑など一見ビジネススーツにはそぐわない色が
そろえられているのが、イタリアらしいですね。

スポンサードリンク

第4位 Paul Smith(ポールスミス)

120akxxsockpack2-0

(画像引用元:http://shopping.c.yimg.jp/lib/importbrandgrace/120akxxsockpack2-0.jpg)

Paul Smithは小物やアクセサリーのイメージが強いため、靴下というのは
プレゼントとしてちょっと新鮮なのではないでしょうか。

Paul Smithの靴下は、カラーといい、デザインといい、斬新で尖がったものがメインです。
思い切ったデザインを選んで、カジュアルソックスとしてどうぞ。

第5位 marimekko(マリメッコ)

acwdt-130909_104

(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp/axas-co/cabinet/2013-09_01/acwdt-130909_104.jpg)

フィンランドのファッションブランドです。

北欧のブランドは、近年人気が高まっている雑貨類に見られるように、
斬新になり過ぎない大胆なカラーリングや、独特のポップさが魅力。

marimekkoのソックスにもそんな北欧的な感性が生きています。

かっちりと塗り分けられたカラーデザインは、現代的ながら絵本のような可愛らしさもあり、
一見若いパパ向けですが、年配のお父さんにもよいと思いますよ。

最後に

靴下はアンダーウェアの中でも地位が低いといいますか、
ある意味で他の下着よりもないがしろになってしまいがちなものです。

でも肌ざわりや見た目も含めた足元の快適さって、意外と大切なんですよね。
こだわりの靴下と一緒に、こだわりの快適さもプレゼントしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ