夏にスポーツをする際の注意点5選

83b82a21d57d7d1fdbdb0b30c2899388

グズグズとした梅雨が未だ続いているところです。

夏が待ち遠しいとウズウズしている人も多いのではないでしょうか?

そんな夏にはギラギラとした太陽の下でスポーツを楽しみ思いっきり汗をかきたい!
そう思ってる方にちょっと注意を促したいと思います。

今回の特集はこちら!
「夏にスポーツをする際の注意点5選」です。

この注意点をしっかり理解して、楽しい夏を満喫しましょう!

スポンサードリンク

夏の天敵、熱中症 処置と予防

夏場のスポーツでは熱中症が起こる可能性が非常に高いのです。

というのもスポーツをしていると、どうしても体温が上昇します。

さらに夏場のように、気温の高い環境ではどうしても体温調節が上手くいかず起こるのが「熱中症」です。

処置

風通しのよい日蔭などで、足を高くして仰向けで寝かせます。

うちわなどであおいであげると良いでしょう。

少しずつゆっくりとスポーツドリンクなどで水分補給をします。

体調が戻らない場合は救急車を手配する事もお忘れなく。

・予防

みなさんご存じだと思いますが、こまめな水分補給が肝心です。

また、気温が高すぎる時には外出を控える決断も賢明でしょう。

 

意外と怖い 日焼けへの処置と予防

日焼けは簡単にいうと皮ふが火傷している状態とも言えます。

太陽に慣れていない肌が火傷して赤くなってしまうんですね。

またシミができ、そらが「メラノーマ」という皮膚ガンに発展してしまう事も。

・処置

日焼けをしてしまったら早めに治療をしましょう。

水を含ませたタオルなどで冷やすのも効果的です。

・予防

日焼け止めのクリームは当然ですが、長袖長ズボンなどの服装も重要です。

また、日焼け止めにもアレルギー反応が起こる事もありますので事前の確認をお忘れなく。

スポンサードリンク

虫刺されへの処置と予防

夏に増加する虫刺されです。

ほっておいて悪化してしまう事もありますので、すぐに治療しましょう!

・処置

すぐに患部を洗浄し冷やす事が重要です。

また、ハチなどに刺されアレルギーが起こってしまった場合は早急に医療機関に受診しましょう。

・予防

なかなかスポーツを行う時には難しいですが、服装に気をつかう事も必要だと思います。

虫よけスプレーは必ず使用しましょう!

 

夏に増殖する水虫への対策

水虫になる人が夏に多くなるってご存知でしたか?

スポーツクラブ内やシャワールームなどで、素足で歩くことも多くなり、感染してしまうそうです。

また、水虫菌は生命力が強く、半年程たってから発症する事もあるそうです!

・処置

残念ですが、発症したら医療機関への受信か、薬局の市販薬を使用しましょう。

・予防

なるべく素足で歩かず靴下も着用するよう気をつけましょう。

誤った水分補給で起こるペットボトル症候群

ペットボトル症候群という言葉ご存じですか?

それはなにかというと、糖分を含んだジュースなどを飲むと血糖値が上がり、血糖値が上がると喉が渇く、そしてまたジュースを…という状態をさしています。

この循環によって常に血糖値が高い状態が続き最悪のケースでは急性糖尿病を引き起こすとも言われています!

スポーツドリンクにも糖分は含まれているので飲み過ぎ注意!

・予防

お茶や水などで定期的に水分補給するようにしましょう。

 

最後に

以上「夏にスポーツをする際の注意点5選」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ