ジャズピアノでおすすめの曲が詰まった名盤CDランキング!

ジャズピアノって素敵ですよね!

ソロからテーマ、バッキングと何でもこなせる汎用性の高い楽器であるピアノ。

今回はジャズピアノのオススメアルバムをご紹介致します。

「ジャズピアノでおすすめの曲が詰まった名盤CDランキング!」です。

スポンサードリンク

■第一位 Bill Evans/Waltz For Debby


やはりこの作品は外せません。

完成度の高さとトリオならではの自由さ、そのなかにも見事に構成されたアンサンブル。

スコット・ラファロのベースプレイが秀逸です。

このトリオの作品をもっと聴きたかった。
いや、スコット・ラファロのプレイが聴きたかった。

【参加メンバー】

ビル・エヴァンス(ピアノ)
スコット・ラファロ(ベース)
ポール・モチアン(ドラム)

【収録曲】

マイ・フーリッシュ・ハート、ワルツ・フォー・デビイ、マイルストーンズなど定番曲を含む全10曲。

■第二位 Oscar Peterson/酒とバラの日々~ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン


明るくハッピーな音色のオスカー・ピーターソン。

ベスト盤では代表曲が網羅できます。

【参加メンバー】

オスカー・ピーターソン(ピアノ)
レイ・ブラウン(ベース)
エド・シグペン(ドラム)他

【収録曲】

有名曲の「酒とバラの日々」や「サテンドール」、「A列車で行こう」などを含む全18曲。

■第三位 Michel Petrucciani/ドレフュス・ナイト


クールで繊細なペトルチアーニのピアノが素晴らしい。

ケニー・ギャレットが独特の音色を響かせ、マーカスのバッキングもツボを押さえた最高のプレイを聴かせてくれる一枚。

【参加メンバー】

ミシェル・ペトルチアーニ(ピアノ)
マーカス・ミラー(ベース)
ビレリ・ラグレーン(ギター)
レニー・ホワイト(ドラム)
ケニー・ギャレット(アルトサックス)

【収録曲】

「TUTU」「ザ・キング・イズ・ゴーン」「ルッキングアップ」の全3曲。

スポンサードリンク

■第四位 ミシェル・カミロ/カリベ


ドミニカ出身のスーパーピアニスト「ミシェル・カミロ」
あまりの速さに手がぼやけて見えなくなるほど。

速いからすごいって訳ではなく、ソロの内容も素晴らしい!

【参加メンバー】

ミシェル・カミロ 他

【収録曲】

怒涛のような「カリベ」や「ジャスト・キディング」などを含む全7曲。

■第五位 上原ひろみ/ブレイン


国内外から広く評価を得ている上原ひろみ。

チック・コリアとの共演でも有名ですね。

シンセサウンドも新鮮、とても元気のでる作品。

【参加メンバー】

上原ひろみ(ピアノ、キーボード)
アンソニー・ジャクソン(ベース)
トニー・グレイ(ベース)
マーティン・ヴァリホラ(ドラム)

【収録曲】

激しいシンセサウンドの「カンフー・ワールド・チャンピオン」やドラマチックな「イフ…」など全9曲。

最後に

同じピアノでも弾く人でこんなにも音色が変わります。

各々の世界感も異なり、音楽の素晴らしさを改めて実感できますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ