スラップ(チョッパー)ベースの名盤おすすめランキング!

スラップ(チョッパー)ベースが聴けるおすすめの曲ランキング!

 

ベースを弾いた事がある人なら誰しも憧れるスラップ(チョッパー)奏法。
今回はかっこいいスラップが聴ける曲を紹介します。

その名も「スラップ(チョッパー)ベースが聴けるおすすめの曲ランキング!」です。

スポンサードリンク

■第一位 Marcus miller/ザ・ベスト・オブ・マーカス・ミラー

1198040104

ベーシストなら当然知っている「マーカス・ミラー」
なかでもおすすめは超有名曲「ラン・フォー・カヴァー」です。

おすすめというか知ってて当然という感じもしますが。

この曲は大変な人気曲で完全マスター的なVHS/DVDや教則本などが多く出版されています。

たしか初めてこの曲が収録されたのはデヴィッド・サンボーンのアルバムだったと思います。

 

■第二位 Béla Fleck and the Flecktones/Live Art

cover_91641092009

天才バンジョー奏者「ベラフレック」
彼のバンドを支えるベーシストはご存じ「ヴィクター・ウッテン」です。

おすすめは「The Sinister Minister」です。

最初に聞いた時にはぶっ飛びました。
イントロの「ダカダカダッダ」の弾き方から分かりませんでした。

必至でコピーしまくって弾けるようになった時の達成感と、彼のプレイの使いどころの少なさには大変がっかりしましたw

今でもたまに聴くと「すごいアイディアだなぁ」と感心させられるベーシストです。

 

■第三位 Larry Graham & Graham Central Station/My Radio Sure Sounds Good To Me

My_Radio_Sure_Sounds_Good_to_Me

スラップ(チョッパー)ベースの生みの親とも呼ばれているラリー・グラハム。

彼のハッピー過ぎるバンド「Graham Central Station」から一曲。
おすすめは当然1曲目から炸裂する「Pow」です!

カッコいいなぁ。

ちなみにスラップ奏法を編み出したきっかけは、母親とのライブ時にリズム楽器がおらず、その不足を補うためだったと云われています。

スポンサードリンク

■第四位 Steely Dan/aja

Aja

筆者が大好きなアーティスト「スティーリー・ダン」
その中でも最高傑作と云われるのがこの「aja」です。

参加アーティストも沢山ですが、注目はベーシストの「チャック・レイニー」
4曲目の「Peg」でいぶし銀のスラップが聴けます。

なんでもレコーディング時に「スラップはやらないでくれ」と云われたもののチャックは「この曲のサビには絶対にスラップのサウンドが合う」と信じ、こっそりと背中を向けてスラップで演奏。

結果見事に採用されたという逸話があります。
匠ですねぇ。

 

■第五位 納浩一/三色の虹

rainbow

エレキベースよりもウッドベースの印象をお持ちの方も多いかと思いますが、納さんのスラップも個性があり最高にイケてます!

おすすめは4曲目の「リトル・ボーイ」
広島に落とされた原爆の名を冠した一曲です。

このアルバム自体多くのメッセージを含んでいるため何度聴いても飽きない素晴らしい一枚です。

 

最後に

今回のスラップベースの特集は如何でしたか?

地味だと云われるベース。
でもこんなに素敵な演奏が沢山あります。

優れたプレイヤーや楽曲を発掘してみましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ