d3c0ebb01428131ec0392ffb41a34fed_s

陽が傾き、ちょっと肌寒くなって来ると、楽しかったバーベキューもお開きの時間ですね。そこから皆で後片付けが始まると思いますが、外が暗くなってしまうと、片付けが大変になってしまうので、遅くとも日の入りの1時間前には片付けを始めるようにしましょう。

「立つ鳥あとを濁さず」が基本のバーベキュー。バーベキュー客のためのゴミ捨て場が特設されている場所は別ですが、ゴミは基本的に持ち帰るのがマナーと心得ましょう。

では、バーベキューの後片付けはどの様にするのが良いのでしょうか?

スポンサードリンク

これでバッチリ!きれいな後始末をするために

ここでは、簡単・キレイなお片付けについてご紹介したいと思います。

因みに、使ったプラスチック皿やコップは、次回に使うために残しておくと、次の経費が浮くので、各自にウエットティッシュやキッチンペーパーなどで軽く汚れを拭き取ってもらい、まとめて袋に入れて、持ち帰りましょう。

設備の整わない野外で洗浄するより、家に帰ってから、まとめて洗剤で洗う方が、結局効率がいいですよ。

炭の処理はこうすれはOKです

ertyughgdt44

さて、ではお片づけです。まず最初にしてほしいのが〈炭の処理〉です。間違っても、コンロに水をぶっかけて消火したりしてはいけません。

白い灰がブワーっと舞って、迷惑な上に、コンロがドロドロになります!

燃え残った炭は、なるべく大きいものから順に火バサミで取り出し、バケツ型の吸いがら収集缶(ホームセンターで 1500 円くらい)の中に入れ、酸素が入らないようにきっちりフタを閉めてください。

酸素がなくなれば火は勝手に鎮火しますので、そのまま30分ほどそっとしておきましょう。

帰る時に、バケツが熱々でなければ、バケツごと45ℓのゴミ袋に入れて、なるべく空気を抜いた状態で、ギュッと口を縛ってください。この炭は、次のバーベキューの時、火がつきやすい種火用として活躍しますので、次回に活用してくださいね!

バケツの底が触れないほど熱いようなら、まだ火が付いている可能性があるので、コップ1杯分くらいの水を、そっと廻し掛けて、炭を湿らせて下さい。

ただ、この方法は黒い汁が出て、汚れるので、急いでいる時のみの対応…と思って頂いた方が良いと思います。

コンロの片づけ方法

次にコンロの片付け。炭を取り除いたコンロの土台は、手で触れるくらいの熱さになるまでしばらく放置しておき、冷めたら、コップ1杯分くらいの水を入れた 45ℓ のゴミ袋を用意し、そこに灰を流し入れます。

そのまま、口を閉じて、一般ゴミとして捨てましょう。コンロ自体は、灰を払い落としたら、あとは水に濡らさないようにして箱にしまって下さい。

網は、濡れタオルでゴシゴシ拭いて、こびりついた食材などを取り除いて、乾かします。洗剤などを使わなくても、これで結構キレイになります。

スポンサードリンク

一番困る?一般ごみの後始末

yuikjgfrd456y

バーベキューの後片付けで一番困るのが一般ごみですね。その場にゴミ捨て場が無いBBQ施設も多く、採取的には持ち帰らなくてはいけません。

そんな時に役立つゴミの後始末に関してご紹介しますね。

①ビールなどの缶ゴミは、みんなで踏みまくって、体積を小さくしましょう!ゴミは、なるべく小さくするのが鉄則!普通に捨てたら 45ℓ 袋が満杯になる缶ゴミが、潰せば1/4ほどになり、スーパーの買い物袋1つ分で済みます。

②紙やビニール系のゴミは、空気を抜いて小さくする!缶と同じですが、これも、押しつぶすことで小さくなります。袋の口をすぼめて空気を押し出しすと、かなり小さくなるので、真空パックするくらいのつもりでギューッとやってください。

③お肉の発泡スチロール系パックは、大きいもの→小さいものの順に重ねて捨てる!これも、ゴミの体積を減らす工夫です。通常12人分の肉の量なら、スーパーの買い物袋1個で収まるはずです。

こうすることで、全てのゴミが、透明衣装ケース1個に収まるくらいの量になれば、持ち帰りやすいですよね。

あとは、皿、コップ、調理道具の入った衣装ケースが1つ。残り炭と、ブルーシートが入った衣装ケースが1つ。バーベキューコンロの箱が2つ。

持ち帰る荷物は全部でこの5箱くらいでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか?楽しく外で開放感を満喫した後は、しっかり後片付けをしてきれいに終わる様にしましょうね。

そうすることで、周りのグループにもいい影響となり、結果的にマナーの向上につながります。これからも、素敵なバーベキューを楽しんでくださいね!