バーベキューをしようと思ったときに、まず考えるのが「何を持って行くか?」ですね。

BBQグリル・炭・ライター・椅子・お肉や材料・クーラーボックス・皿や箸・・・・おっと、着火剤も忘れずに!

まず思いつくのはこんな感じだと思いますが、バーベキューの時に持っていくと便利なものがあります。1ランク上の準備をして、BBQをしっかり楽しみませんか?

スポンサードリンク

これが便利アイテムだ!

①トング

BBQに意外と持っていく人が少ないのがトングです。

51EVHCoHgqL._SL1000_

グリルの火力が強いと、割りばしでお肉をひっくり返そうとしても、短いため火元の近くに手が行ってしまうため、熱くて大変です。最悪やけどしちゃうこともあります。そんな時に活躍するのがトングです。これで火元から手を離した状態で焼いているものをひっくり返すことが出来ます。

実際に使うとわかりますが、あると無いのでは大違い!絶対あった方が良い便利アイテムですよ。

 

②バーナー

BBQの最初の難関は炭への火入れです。そこで活躍するのがバーナーです。

373_1

これさえあれば、あっという間に炭に火が付きます。もしBBQに女性がいるなら、男として火おこしに手間取っている姿は見せたくないですよね。これを使うことで逆に、豪快に着火して野外ならでわの醍醐味を演出するのもいいですね。また、女性だけでBBQをする時も簡単に火が起こせるのでおススメです。

 

③タープテント

野外でするBBQだからこそ、日差しが強いと大変ですよね。そこで活躍するのがこちらのタープテントです!日陰は大事ですよ。

thumb-tarp-tent-l

キャンプ場や屋外BBQ施設などに行って困ることの1つが、「日差し」です。天気が良いところでのBBQは楽しいですが、長時間直射日光の下にいるのは結構つらいものです。女性なら尚更、日焼けを気にしてBBQが楽しめなくなったら勿体ないですからね。夏場だけ必要と思いがちですが、真冬でもない限りはずっと直射日光の下にいると辛くなってくるものです。

 

④細かい秘密兵器たち

実際にBBQをしてみると、家になら必ずあるのに!っていうアイテムが結構あります。

trt

・カッターナイフ

ソーセージの袋を開けたり、野菜を束ねているバンドを切ったり、ビニールロープを切ったりと、あると何かと便利なのがカッターナイフです。包丁で無理やり切ったりすると、手を切ってしまったりと何かと危険ですからね。

・BOXティッシュ

BBQの時に重宝するのがBOXティッシュです。ちょっと手が汚れたり口を吹いたり、机を拭いたりと何かと使えます。最初、BBQセッティングの時に開けておいておくと、終わるころには空になってたりするほど色々使えます。拭いたらそのまま捨てれるので気軽に使えるので人気です。

スポンサードリンク

・マジックペン(サインペン)

大人数でするBBQだからこそ必要なのがマジックペンです。ここでピンときたあなたはさすがです。使い方は、自分のコップやお皿に名前を書いておくんですね。よくあるのが、「あれ?自分のコップどれだっけ??」となることです。名前さえ書いておけばそんな事態にはなりませんよね。

・ゴミ袋

便利なのに意外と持って行かないものが、ゴミ袋です。BBQをしている人を見てみると、材料を買い出ししたスーパーの袋をゴミ袋代わりにしているグループが多いですが、小さいためすぐに一杯になってしまいゴミが溢れていることも多いです。あらかじめ大きめのゴミ袋を用意しておくことで、ゴミ捨て場に困ることもありません。

まだまだある便利アイテム

他にも、軍手、レジャーシート、虫よけ、虫刺されの薬など、持っていくと便利な物が沢山あります。ただ、荷物が多くなってしまうと運ぶのが大変になってきますので、ケースバイケースで選んで持って行って下さい。

折角のBBQですから快適に楽しみたいですよね。多少不便なのはアウトドアでは当然ですが、ちょっとしたものを事前に準備することで、バーベキューを10倍楽しむことが出来ますので、是非参考にして下さいね。