hiopkoshi1

バーベキューをする際の重要な仕事と言えば、火おこしですね。グリルに入れた炭に火を点けるのですが、これが簡単にはいかず苦労する人も多いですね。

新聞紙や割りばしを駆使して種火を作り、煙にむせながら炭に火が付くまで頑張って・・・・

家族や異性も居る友人同士などでBBQをする時は、火おこしに苦労する姿は見せたくないものです。そんな時、多くの方がスムーズにバーベキューの火おこしが出来る様に使っているのが、着火剤です。

着火剤は火が付きやすい燃料で、一度火が付くと長い時間燃えてくれるので、簡単に炭にも火が付きやすく重宝します。ただ、着火剤の中には取り扱いを間違うととても危険な物がありますので、事故のリスクを避けるためにも、間違いのない着火剤選びをしたいですね。

スポンサードリンク

BBQでよくある事故って?

バーベキューでよく報告される事故といえば、やはり火に関わるものがとても多いです。その中でも、着火剤によるやけどなどがとても多いです。着火剤は火が付きやすく、効率的に炭に火を点けられる反面、その引火のしやすさが逆に事故の原因になっていることも多いのです。

危険な着火剤とは?

chakkazai2

着火剤の中でも、最も危険なのがゼリー状の着火剤です。これは、チューブに入って販売されていて、歯磨き粉の様に絞って使う分だけ出せるのでとても便利です。

ただ、その使い方を間違えると大事故に繋がりかねませんので、注意が必要です。ゼリー状の着火剤は主にメチルアルコールが主成分で作られています。メチルアルコールは、その揮発性の高さが特徴で、ゼリー状とはいえチューブから出すと揮発していきます。

そのため、ゼリー状の着火剤は出したら素早く火をつけて使う様にしましょう。チューブからだしたまま放置してしまうと、揮発したメチルアルコールがたまり、そこへ火を点けてしまうとその揮発したガスに引火してしまうため「ボンッ!」と爆発してしまいます。

その際に火が広範囲に広がるため、やけどしたり、衣服に引火したりしてとても危険です。

これも危険な行為です!

jikoc

ゼリー状の着火剤が揮発しやすいことはご説明しましたが、このことを知らない方がついやってしまうのが、着火剤の継ぎ足しです。最初に少ししか着火剤を出さなかったり、1か所にしか出さなかったりすると、炭に引火する前に着火剤が燃え尽きてしまう場合があります。

「あ~!火が消える!」なんて思って、そこへチューブをさらに絞って着火剤をつぎ足すと、炭が既に熱を持っているので、つぎ足した着火剤が一気に気化します。そうすると、残っている種火が引火して爆発してしまいます。

火が消えてからつぎ足しても、炭が熱いままだと着火剤が気化するので、そこへ火を点けようとライターの火を点けたりすると、これも爆発の原因となります。

スポンサードリンク

ゼリー状着火剤の事故から身を守るためには!?

ゼリー状の着火剤を使う時は、以下の点に注意して下さい。

  • 炭の上に出したまま放置しない
  • 絶対に継ぎ足しをしない事
  • 1回に十分な量を出す

これらに注意しておけば、大きい事故は防げます。ただ、ゼリー状の着火剤自体が引火しやすいもので、危険なことに変わりはありませんので、1番の予防策はこのゼリー状着火剤を選ばないことです。

では、比較的安全でスムーズに火がつけられる着火剤とはどういうものでしょうか?

これなら安心!おススメ着火剤!

kokeichaka

安全に火おこしをしたいなら、断然おススメなのが「固形着火剤」です。木材圧縮繊維でできていて、カレーのルーの様になっているので、使う分だけ分けることができます。

火が点けやすいだけでなく、火の持ちも良いので、1度に数ブロック炭の間に仕込んで火を点ければ、10分もあれば十分火が付きます。この固形燃料にも引火しやすい様にワックスが染み込ませてありますが、この木材圧縮繊維自体が燃えやすいため、それを補助する程度のものなので、ゼリー状着火剤の様に取り扱いは難しくありません。

コストパフォーマンスも抜群で、100均でも売っていますので、手軽に購入できますね。

楽しいはずのバーベキューを台無しにしないためにも

折角のBBQですから、楽しむためにも是非安全第一で火おこしをすることを考えましょう。簡単に火が点かないのもバーベキューの醍醐味として、それも込みで考え、敢えて着火剤は使わないという選択肢もありですよね!?

でも、やっぱり火おこしは手間をかけたくないというあなたは、ぜひ固形の着火剤をおススメします。