もしあなたが住宅ローンを検討しているなら、必ず気になるのが”ローン審査が通るか?”ですよね。

住宅ローンは、これなら必ず通るという基準が公開されておらず、例えば収入が良くてもその人の今までのローンの利用・支払い状況や勤続年数・転職歴なども考慮するため、いざ申し込んでみたら落ちてしまったということもあります。

住宅ローンの審査は、支払い能力だけでなく個人の様々な内容を総合的に判断した上で審査結果が決まるからなんですね。

全ての項目で全く問題ない方は良いですが、やっぱり年収的に大丈夫か不安だったり、勤続年数がまだ長くないなどの理由でローンが通るか心配な方も多いと思います。

そこで、ネットで検索するとよく出てくるのが、”ネット銀行は住宅ローンの審査が甘い”という噂です。

もし本当なら、普通の銀行では通らなくても、ネット銀行なら通るかもしれませんよね。

今回は、このネット銀行は住宅ローンの審査が甘いという噂を検証したいと思います。
果たして本当のところはどうなんでしょうか?

スポンサードリンク

住宅ローン審査の手順

ここではまず最初に、住宅ローンを利用する際の申込手順を見ていきましょう。

住宅ローンを組む際には審査があるのはご存知かと思いますが、大抵の場合”仮審査”と”本審査”があります。

購入したい物件が見つかったら、まずは銀行に住宅ローンの仮審査を申し込みます。
その結果、仮審査が通ったら物件の契約を済ませて本審査(本申し込み)をします。

ですので、住宅ローンの第一関門は”仮審査”ということになります。
仮審査は、まさにその名の通り仮の審査です。

住宅ローンは、多くの方がウン千万円というお金を借りる訳で、そのために提出しなくてはいけない情報も多く公的資料も必要になります。

そのため、まずは基本となる情報だけを提出して銀行に審査してもらうのが、仮審査になります。

銀行は、申し込みのあった情報を元に、あなたがそもそもお金を貸せるだけの融資条件をクリアしている人かを判断します。

また、それとは別に”信用情報機関”に登録されているあなたの信用情報を見て、過去のクレジットカード払いの状況や未払い、キャッシング利用の有無や、他のローンの利用・支払い状況を確認します。

その上で借り入れ予定の金額とのバランを見て、仮審査をOKにするかどうか判断します。

そのため、通常の銀行は仮審査がOKであれば、内容に間違いがない限り本申し込みをすれば多くの場合、そのまま住宅ローンを組むことが出来ます。

しかし、中には銀行に仮審査を申し込んだら落ちたという方も沢山います。

なぜ落ちたか理由は教えてもらえない為、どうしたら良いか判らなくなってしまいますよね。

折角気に入った物件が見つかったのに、それが購入できないなんて困りますよね。

そこで、何とか審査が通らないか色々情報を探している時にネットで検索して、”ネット銀行は住宅ローンの審査が甘い”という噂を見つける方が多いのですが、果たして本当でしょうか?

ネット銀行の審査が甘いと言われる理由とは!?

結論から言うと、ネット銀行の住宅ローン審査が甘いというのは事実ではありません。

ネット銀行も一般的な銀行と何も変わらず、住宅ローンの審査はしっかり行われますので、落ちる人は落ちます。

ではなぜネット銀行は審査が甘いと言われているのでしょうか?
それは、ネット銀行の審査の仕組みにあります。

ネット銀行も、当然ですが通常の銀行同様に仮審査があります。
多くの場合、仮審査はネット上で必要事項を入力して送信すれば申込が出来ます。

普通の銀行だと仮審査に2~3営業日はかかることが多いですが、ネット銀行の場合早ければ即日、しかも申し込んで30分以内に審査結果がメールで届くことが多く、かかっても1日あれば結果は判ります。

しかも日曜日に申し込んでも即日返事が来ることも多く、とにかく審査が早いです。

さすがネット銀行!と言いたいところですが、実際はそうではありません。

ネット銀行の仮審査は入力された情報を元に、コンピューターが予め設定された条件をクリアした方を機械的に仮審査OKにしているだけなのです。

ということは、それなりの年収と勤続年数があれば、無理な融資額でない限り仮審査がOKになることが多いのです。

この時は、信用情報機関であなたの信用情報を確認していないため、あなたの金融情報の部分は一切考慮されていません。

その為、普通の銀行で仮審査が落ちた方でも、ネット銀行なら仮審査は通ってしまうため、ネット銀行は審査が甘いという噂がでているのです。

実際は、本申し込みの際にしっかり信用情報を確認されますので、仮審査が通っていても信用情報に何か問題がある場合は、その時点で申し込みが却下されることになってしまいます。

ネット銀行の審査は甘くなかった

この様に、ネット銀行は審査が甘いのではなく、重要情報の確認を本申し込み後にするスキームをとっているため、仮審査のハードルが低いだけなのです。

結局は、本申し込み後にしっかりとあなたの情報を確認されますので、遅かれ早かれローンを組めない方は組めませんし、組める方は組めるという事になるのです。

もちろん、他にも融資条件は色々ありますが、その多くを本申し込み後に確認しているのです。

ネット銀行は通常の銀行に比べると金利も低く、効率を求めたり多くの方に住宅ローンを利用して欲しいという考えもあり、間口を広げて申し込みを獲得しようとしているんですね。

本申し込みは物件を契約してからになりますので、仮審査が通ったから大丈夫だろうという考えで進めたら、本申し込みで落ちて大変な目に遭ったという方も居るくらいです。

スポンサードリンク

不動産会社ではまだまだネット銀行はマイナーです

不動産会社の営業さんには、まだネット銀行の仕組みに弱い方も多く、普通の銀行と同じ感覚で「仮審査が通ったなら本審査もほぼ大丈夫だと思いますから、物件の契約をしましょう!」と言ってくる人もいますので注意が必要です。

あなたが、ネット銀行は仮審査が通っても安心出来ないということを判っていれば、少なくとも言われるがままに進める事はありませんよね。

そのうえで、万が一本申し込みで落ちても良い様に、通常の銀行の仮審査を1つ通しておいたり、昔使ったクレジットの支払いや、ローンの支払いが心配な方は、信用情報機関に自分の信用情報の開示請求をして、問題がないか確認するのも良いと思いますよ。

信用情報機関とは?

信用情報機関とは、個人個人の今までの信用情報が記録されている機関です。そこではあなたが利用してきた、ローンやクレジットの支払い譲許が確認出来ます。

もし返済が遅れた、り支払いが滞っている場合は判る様になっており、もちろん住宅ローンが通る確率も低くなってしまいます。

いわゆる”ブラックリストに載った”というのは、これらの信用情報機関の記録に悪い記録が残ってしまっている状態を言います。

何となく、自分の過去の信用情報が気になる方は、自分の情報を請求することができますので、実際に取り寄せて確認してはっきりさせるのも良いですね。

代表的な信用情報機関は?

信用情報機関にはいくつかあり、代表的なものでいうと下記になります。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • 一般社団法人 全国銀行個人信用情報

上記の3つの機関が信用情報を扱う三大機関となります。

これらのうちのどれが良いということはなく、それぞれの機関で確認できる情報が異なります。


JICC⇒主な会員:消費者金融と信販会社

CIC⇒主な会員:クレジットカード会社と信販会社

全国銀行個人信用情報⇒主な会員:銀行と銀行系カード会社等

どこも自分の情報は開示請求ができますので、気になる方はそれぞれのホームページから請求手続きをしてみて下さいね。

有料ですので、まずはJICCかCICのどちらかで確認することをおススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネット銀行の住宅ローン審査は、決して甘くないということをお判りいただけましたでしょうか?

結局は、ネット銀行でも普通に審査がされていますので、その審査のタイミングの違いを頭に入れておくことで、万が一に備えることが出来ます。

是非参考にしてみて下さいね。