マイホームの購入を検討している方は、購入したい物件が決まり、あなたの収入や勤続年数などの諸条件の属性も良く、住宅ローンの仮審査も通っていれば、ここまでくれば購入出来ると一安心しちゃいそうですが、実はもう一つはっきりさせておきたい事があります。

それが、団信への加入です。

住宅ローンを検討している方なら聞いた事はあると思いますが、オマケ的な位置づけに考えて余り深く考えていない方も多いです。

ところが、この団信は住宅ローンと深い繋がりがあり、あなたのリスクを担保してくれるとても大事なものなのです。

そこで今回は、その団信に関して詳しく触れてその役割などをもっと理解していただき、あなたの返済中にあるかもしれないリスクにしっかり準備して頂ければと思います。

場合によっては、この団信に入れずに物件購入をあきらめる事になる可能性もあるってご存知でしたか?

スポンサードリンク

団信とは?

”団信”という呼び名は略称であり、正式には”団体信用生命保険”と言い、住宅ローンの契約者が完済前に死亡したり、高度障害になったりした場合に、保険会社が住宅ローンの残債を清算してくれる保険です。

住宅ローンは、多くの方が20年30年と長期間で返済しますので、完済するまで何があるかわかりません。

その不測の事態に対応できるのが、団信です。

ほとんどは、保険会社が引き受け先となっており、銀行は住宅ローンの申し込み条件として、この団信の加入を義務付けています。

住宅ローン返済中にあなたが死亡したら?

万が一、住宅ローンの返済中にあなたが亡くなった場合、住宅ローンの支払い義務がそのまま家族に降りかかります。

相続を放棄すればその義務から逃れる事は出来ますが、それまで住んでいた自宅はあけ渡さなくていけなくなり、あなたの家族はどこか住む場所を見つけなくてはいけなくなります。

一家の大黒柱を失って、更に自宅も失うという事になると、まさに二重苦となりその負担は計り知れません。

そんな時の為に団信に加入しておけば、住宅ローンに関しては、残された家族に負担をかける事なく処理出来ます。

死んでしまってはあなたが出来る事は何もありませんから、団信に加入しておく事はとても大事なんですね。

民間の金融機関では団信は加入必須

多くの方は、民間の銀行で住宅ローンを利用すると思いますが、その場合は団信の加入が住宅ローン利用の必須条件になっています。

先に説明した通り、あなたに万が一の事があっても、銀行が回収不能にならない様に加入必須にしているんですね。

実際は、必須でなくても後々を考えると加入した方が良いのですが、じつは中には加入出来ない方も居ます。

団信の加入条件とは

団信は判りやすく言うと生命保険ですので、加入にあたりあなたの健康状態のチェックがあります。

引き受け会社によって異なりますが、あなたに過去3年以内の治療が無いかや、3ヶ月以内に医師の診察を受けたかなどによって、その内容を詳しく申告したうえで加入を審査されます。

もし審査結果として加入出来ないという結論になると、その住宅ローンは利用出来なくなります。

住宅ローンの仮審査が通っていても団信がダメならそこから先へは進めません。

保険会社も出来るだけ保険金を出したくありませんから、健康状態が不安な方は加入させたくないのが本音ですからね。

また銀行も、完済前に何か合った時に返済が滞ってしまう可能性がある方には融資しにくいですから、団信が通らない方には貸したくないんですね。

あなたが若くて、全く健康状態に問題が無ければ良いかもしれませんが、30代40代の方は団信に入れない可能性があるので注意が必要です。

次は、もし団信の審査に落ちてしまった場合の対処法などをご案内します。

スポンサードリンク

団信の審査がダメだったから諦めるか?

もし何かの理由で団信に加入出来ない場合、全員が住宅購入を諦めるしか無いでしょうか?

実はそんな事は無く、人によっては下記の2通りの方法で利用することが出来ます。

ワイド団信を利用する

健康状態チェックで申告した内容で団信が通らない場合は、ワイド団信を検討しましょう。

ワイド団信とは、あなたが通常の団信が通らない健康状態でも、審査基準を緩和してその内容によって加入が認められるタイプの団信です。

手続きは団信と同じですので、団信の引き受け審査の申告内容は万が一を考えて控えておいた方が賢明です。

過去の年月なども申告が必要なので、また一からチェックして情報収集するのは大変ですからね。

引き受け先によって異なりますが、結構幅広く緩和されているため、ワイド団信なら加入のハードルはかなり低くなります。

ちなみにイオン銀行だとこういった加入引き受け実績がある様です。

おもな疾病のカテゴリー ワイド団信で過去に引受実績のあるおもな例
代謝異常による病気 糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風など
心臓・血圧の病気 狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)など
脳の病気 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群など
精神・神経の病気 うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症など
食道・胃・腸の病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープなど
肝臓・胆道・膵臓の病気 肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープなど
呼吸器(胸部)の病気 喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群など
目・耳・鼻の病気 緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など
ホルモン・免疫異常による病気 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデスなど
血液・造血器の病気・異常 貧血、赤血球・白血球の数値異常など
妊娠・女性特有の病気 妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎など

結構な疾病が引き受け実績としてあります。

他の銀行も同様ですので、これなら加入出来る可能性はかなり高いですよね。

この様に、団信の引き受け審査がダメだった方には救世主となるワイド団信ですが、幾つか注意点もあります。

取り扱いが無い銀行もある

ワイド団信はどの銀行でも扱っているわけでは無く、銀行によって取り扱いの有無がありますので注意が必要です。

もし自分の健康状態に少し不案がある方は、ワイド団信を扱っているかも念頭に銀行を選ぶのもオススメです。

金利が上がる場合がある

ワイド団信に加入する場合、通常の金利に0.2~0.3%位上乗せするのが条件になっています。

加入条件を緩和する代わりに、金利を上げるという事ですね。

これはもうあなた次第ですので、それでも購入したいかどうかですが、購入を考える場合は返済計画を見直して、問題無けれ利用しましょう。

団信加入が必要ない住宅ローンを選ぶ

団信は、民間の金融機関では加入必須とお話ししましたが、じつは団信に加入しなくても利用できる住宅ローンがあります。
それが、住宅金融支援機構の住宅ローンです。

住宅金融支援機構とは?
住宅金融市場における安定的な資金供給を支援し、住生活向上への貢献をめざす独立行政法人。

国土交通省と財務省が所管する。民間金融機関による長期・固定金利の住宅ローンの供給を支援する証券化支援業務、民間住宅ローンの供給を促進する住宅融資保険業務、政策上重要で民間金融機関では対応が困難な融資業務、住宅関連の情報提供などを行う。

平成19年(2007)4月設立。同年3月に廃止された住宅金融公庫の業務を引継ぐ。本店は東京都文京区。
引用:https://kotobank.jp/(コトバンク)

国の独立行政法人で、民間の金融機関とはまた違いますね。

たまにテレビCMで流れている、フラット35とかフラット20という住宅ローンです。

これらは団信の加入を前提にした金利が設定されていますが、団信に加入しないという選択が出来ます。

健康状態に問題があっても、団信加入が必須で無くなれば、問題なく住宅ローンが組めます。

この住宅ローンは、全期間固定型の金利なので、支払額も最初から確定しています。

その金利も比較的低く設定されて居ますので、最初からフラットローンを利用する方もいるくらいです。

フラットローンは民間の金融機関でも代理店の様な形で取り扱っている銀行もありますし、それぞれ金利も違いますので、これはこれで比較して選ぶことオススメします。

ただ、団信に加入しないということは、あなたに万が一の事があったら、相続人がそのまま住宅ローンを返済する事になる事も考慮してくださいね。

まとめ

意外と軽く見られがちな団信加入ですが、実は結構これが理由で住宅ローンが利用出来ず困っている方が多いのも事実です。

完全に諦める前に、ご紹介した方法も検討して、ご希望の物件購入に役立てて頂けると幸いです。